古代遺跡をめぐる18の旅

久々に本の情報を更新してみます。

古代遺跡をめぐる18の旅 古代遺跡をめぐる18の旅
関 裕二

講談社 2006-04-21
売り上げランキング : 77578

Amazonで詳しく見る by G-Tools

歴史作家・関裕二氏オススメの古代遺跡コースガイド。
この本には18の遺跡が紹介されているがどれも興味深いものばかり。

纏向遺跡(奈良)
三内丸山遺跡(青森)
荒神谷遺跡・加茂岩倉遺跡(島根)
さきたま風土記の丘・稲荷山古墳(埼玉)
吉野ヶ里遺跡(佐賀)
池上曽根遺跡(大阪)
亀形石(奈良)
唐古・鍵遺跡(奈良)
遠所遺跡・入佐山三号墳(京都・兵庫)
妻木晩田遺跡(鳥取)
青谷上寺地遺跡出(鳥取)
出雲大社境内遺跡(島根)
鬼ノ城(岡山)
高良山(福岡)
金田城(長崎)
西都原古墳群(宮崎)
小迫辻原遺跡(大分)
上野原遺跡と二つの高千穂峰(鹿児島・宮崎)

古い遺跡が好きなわりには、紹介されている遺跡に行ったことがない…。
いままで近くまで行っているはずなのに見落としていたところが多いので、旅行や出張の機会には忘れずにチェックするようにしたい。
近いところでは7月には友人の結婚式で宮崎を訪れる予定なので、まずは西都原古墳群からまわってみようかと考え中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください